banner

社会保険

合同会社は社会保険と雇用保険の加入義務がある!

近年、株式会社から合同会社に変わる企業が多いです。
合同会社は、比較的小企業や零細企業に多いのですが、株式会社として大手企業でも会社形態を変更する企業もあるようです。

この企業形態は、株を発行せず、社員全員で企業を支えるため、すべての社員が出資者となります。
出資社員は、出資比率にかかわらず、議決権を持ち、企業の経営方針等に意見を言うことが出来ます。
出資金は定年やその他理由により退職時には、返還され、その負担を他の全員で持ちます。

合同会社のメリットとして、色々なものがありますが、自社で働く社員全体が出資金を持つことで、社に対する愛社精神が出るため、通常の会社組織の主従関係とは違い、また、働く社員が真面目に労働をするという傾向が見られるようです。

会社組織で大きな問題となるのが、経費であり、経費は、企業運営や発展のために最も必要なものでもあるのですが、収益率が悪化したときに、今まで使っていた経費を抑えることが難しく、とくに営業にかかる経費は大きくなります。

しかしながら、会社組織の場合、経費を使う人が必ずしも会社の株や出資金を出しているとは限りません。
ただし、合同会社の場合経費を使うすべての社員が出資しているため、経費を抑える意識をすれば、利益分配金が増えるため、自ずと節約意識が高まるでしょう。

他人の財産であると考えれば無駄に使う費用も自身も負担している財産と考えることで節約する意識が芽生えるのでしょう。
経費は、携帯電話や水道高熱費、出張費など、多くの社員が使う機会があり、社員全体の節約意識が高まらなければ、これを抑えることができません。

合同会社は株式会社同様、社会保険と雇用保険をセットで加入することが義務となります。
社会保険は企業が半分もつ必要があるため、今まで株式会社として株を発行し、運営してきた企業は、経費削減の意味でメリットが高いのですが、会社組織ではなく個人事業として行ってきたケースでは社会保険の負担と雇用保険を社員全全員分掛けることが逆に大きな経費となることがあります。

雇用保険は、今後労働者が解雇もしくは、個人の事情などで雇用継続が困難となったときに、給付が受けられる労働者を守る制度であり、社会保険は雇用される人が保険制度にて医療サービスが受けられるもので、この経費を省くことは出来ないため、売り上げと利益、社員の人数などのバランスを考えて合同会社設立を行うことが重要となります。”

Copyright(c) 2016 合同会社設立の代表社員について All Rights Reserved.